フコイダンが大腸がんによいと言われる理由

海藻由来の健康成分のフコイダンは大腸がん予防によいとして注目されています。フコイダンは昆布・わかめなどの海藻を食べて補給するほかに、サプリメントで摂取する方法があります。健康のために毎日摂取するのが好ましいため、飲みやすいフコイダンを選んでください。

体質を変えるには時間がかかるため、生活習慣の一環として続けましょう。

フコイダンで免疫強化をしよう

フコイダンは海藻類に含まれており、ヌルヌルを形成する成分で身体によい影響を与えてくれます。特に免疫を強化したり炎症を抑制したりするメリットが大きいです。ヌルヌル成分が胃腸をダメージから守ってくれるので、大腸がん対策としても注目されています。

粘膜に優しい成分なので胃腸が弱っている方に特におすすめです。効率よく摂るには昆布・わかめ、もずくなどを日常的に食べるのがよいでしょう。水溶性食物繊維の一種でもあり、お腹の調子を整えて便通をよくしてくれます。

便通が悪い状態は体内に老廃物を溜め込みやすいので注意してください。身体に不要なものを溜め込むことで免疫力や自然治癒力が低下し、大腸がんの発生リスクが高くなります。同じ生活環境で生活している家族であっても、がんになる人もいればならない人もいます。

両者を決定づける最大の要素は免疫力であり、免疫が低下していると病気全般のリスクを高くするのです。特に風邪をひきやすい人、アレルギーにかかりやすい人などは免疫力が低下していると考えられます。

食生活の乱れに注意しよう

胃腸を元気にしておくことは健康維持の要となるため、胃痛や便秘・下痢などの症状には注意してください。栄養素の分解・吸収を司っているため、不調が起きると栄養素をうまく取り込めません。微量栄養素のビタミン・ミネラルの吸収が悪くなると、成人病の原因となるので気をつけましょう。

フコイダンには胃粘膜保護・胃潰瘍の治癒促進などの作用があり、健胃に導くことで腸への負担も軽減できます。現代人は食生活の欧米化によって、動物性の脂肪・タンパク質の摂取が増えています。これらはスタミナをつけるためには最適ですが、日本人の体質には合っていません。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロするのも、相性が悪いことが要因です。大腸がんは肥満により促進されると言われていますが、最も関係しているのは食生活の乱れです。

食物繊維が欠乏すると体内に老廃物を蓄積させて、腸内環境を悪化させてしまいます。赤ちゃんのころは腸内バランスが最適な状態にありますが、年齢を重ねることにより悪化してきます。悪玉菌の勢力が強くなってくるので、スムーズな排便ができなくなるのです。

本来排出するべきものを残しておくのは、身体にとってデメリットしかありません。善玉菌を増やすためにもフコイダンは最適で、善玉菌と悪玉菌の勢力バランスを最適にしてくれます。

フコイダンを効率よく摂るには

海藻をほとんど食べない方は食生活でフコイダンを摂取することが難しいので、サプリを活用するのがよいでしょう。サプリは含有量と値段で選択するのが一般的ですが、品質にも着目したいものです。フコイダンはどれも同じではなく、今注目されているのがガゴメ昆布に含まれるフコイダンです。

ガゴメ昆布は函館近海でしかとれない貴重な昆布で、粘りが通常の昆布より強くなっています。サプリ以外にもスキンケア用品に使用されていますが、これは粘りが保湿によいためです。ガゴメ昆布由来のフコイダンは大腸がん対策としてもおすすめで、若いうちから飲んで予防しておくのがよいでしょう。

フコイダンは成人病対策としても適しているので、成人病のリスクが高くなる30代からの利用を推奨します。最近のサプリは低分子タイプが主流となっていますが、理想は高分子タイプです。確かに吸収性は低分子タイプが優れていますが、本来の機能を有しているのは高分子タイプになります。

そのため高分子で吸収性を高める工夫をしているサプリが最適です。またヨードが過剰に含まれていないタイプが好ましいため、ヨードの配合量を調整したものを選んでください。

フコイダンは毎日飲み続けることが大事

海藻に含まれるフコイダンは食品に属するため、数回飲んで効果を実感できるものではありません。毎日飲み続けることで体質を改善し、病気を予防するのが目的です。フコイダンは腸内バランスを整えて排便リズムを安定させるので大腸がん対策として最適です。

さらにバリア機能の強化により風邪やアレルギー予防、肌トラブルの軽減なども期待できます。

これらの作用は長期連用することで実感できるので、数ヶ月は継続してみましょう。続けるためには飲みやすいタイプを選ぶことが大切で、吸収性を考慮するならドリンクや顆粒がおすすめです。顆粒は高純度での配合が可能であり、より働きを実感したい方に適しています。

ほかにも粒・カプセルなどがありますので、お好みに応じて選んでください。フコイダンは乳酸菌との相性がよく、一緒に摂ることでより腸内の働きを強力にサポートできます。腸の元気は健康の要と言われており、見た目年齢にも直結してきます。

実年齢より若々しく見える方は、腸が元気なことが多いものです。お腹の中から若返ることには美容・健康という2つのメリットがあります。大腸がんは突発的に発生するものではなく、日々の悪習慣の積み重ねによってリスクが増します。

腸の元気は免疫強化につながりますので、大腸がん以外の病気を遠ざけるためにも大切です。


腸内細菌のバランスをフコイダンで整える

腸を若くするには腸内細菌が鍵となり、善玉菌と日和見菌・悪玉菌のバランスがポイントです。特に重要なのは善玉菌と悪玉菌のバランスで、年齢を重ねるほど善玉菌が減少することがわかっています。便秘・下痢がよく起こる、ストレスによってお腹の調子が悪くなりやすい、といった方は注意してください。

腸が免疫力を決めると言われる理由は、免疫細胞がたくさん存在するためです。免疫細胞を守るためには善玉菌2割、悪玉菌1割のバランスを維持する必要があります。フコイダンは腸内細菌を最適化して、有害物質を消してくれる役割があります。

悪玉菌が増えるほど大腸がんのリスクは高くなりますので、普段から腸によい食品を摂取しておきましょう。海藻とヨーグルトの組み合わせは鉄板と言えるもので、水溶性食物繊維と善玉菌を効率よく補給できます。また野菜不足は大腸がん増加の原因となっており、食生活の欧米化がそのまま発生リスクの向上につながっています。

乱れた食生活を改善した上で、フコイダンを補給するのがおすすめです。